資格取得の完全マニュアル!

あなたに最適な資格探しをお手伝い!人気の資格からお金になる資格まで紹介しています!

資格取得で自分をアピール!転職・就職も有利になります!

使える資格取得で転職や就職を有利に!でもその前に、

 

「どんな資格があるの?」
「資格を取るために必要な期間や難易度は?」
「そもそも一体何をすることから始めればいいの?」

 

そんな疑問をお持ちの方が多いそうです。

 

聞いた事のある資格はいくつかあるでしょうが、実際にその資格があると何ができるのか、どんな仕事に活かすことができるのか、などはわからないと言う方も多いのではないでしょうか?

 

当サイトでは資格に関する基礎知識や選び方、各資格の難易度一覧など、資格取得に役立つ情報をまとめて紹介しています。

 

どんな資格があるのか確認してみて下さい

↓おすすめ資格一覧をチェック!

資格の選び方

転職・就職に役立つ資格

現場で欠かせない実用的な資格から、履歴書に記入してあるだけで採用担当者に対するアピールになるようなスキルなど、仕事探しに便利な資格。

≫詳細ページ

高収入が狙える資格

やっぱり稼げる仕事がしたい!持っているのと持っていないのでは大違いの高収入が狙える資格やスキルをピックアップしています。

≫詳細ページ

女性におすすめの資格

男性に絶対に負けたくない!持っているだけでキラリと輝く、働く女性の武器になるおすすめ資格やスキルを紹介しています。

≫詳細ページ

独立・開業を目指せる資格

やっぱり最後に頼れるのは自分自身!自分の腕で勝負したい!独立・開業を目指せる資格をピックアップしました!

≫詳細ページ

パソコンスキルアップ

仕事で使えるスキルから職場でのキャリアップに役立つ資格、気軽に楽しめるものなど、今人気のPCスキルアップ系講座紹介。

≫詳細ページ

楽しみたい!趣味と実用スキル

自分磨きを楽しみたい!楽しいいだけじゃなく、職場などでの人間的な品格アップなどにも役立つ実用的なスキルアップ講座特集。

≫詳細ページ

自分にピッタリの講座がわからないなら!

↓ユーキャンの『ぴったり講座診断』でチェック!

人気資格サイトランキング

 

 

 

 

資格の難易度について

 

現在、何をするにも「資格」が必要なように、分野があれば、そこにまつわる資格は多数に及びます。自分で受験しようとする資格の難易度を知ることでは勉強にも幅が出ますし、準備にもなります。簡単な資格であれば一夜漬けでも良いかもしれません。しかし、難関と言われている資格は何年かかっても合格しない人がいたりするのが普通なのです。分野が違う資格の難易度をそれぞれ比較することはあまり役に立たないかもしれませんが、自分で受けようと思っている資格に似たものの難易度を見ることで、本試験の難易度を測るといった具合になります。簿記ならば日商簿記2級の下は3級となり、上は税理士というふうになりますので、似通った資格の難易度を見ることは需要です。

 

また、職業によっては必ず国家資格が必要というものもあります。しかし、必ずしも資格が必要だという仕事ばかりではありません。「あったほうが良い」とされる仕事でなぜ資格が必要なのかというと、技能習得レベルを測ることにつながるからです。資格試験の難易度は、どのような仕事をするかということによって変わってきます。自分がどの仕事に就きたいのか、そしてその仕事に必要な資格は何かということをしっかりと学びましょう。
昨今は不景気ですから、まず仕事に就くためには資格が必要であり、資格が無いと働くための土俵にすら上がれない状況なのです。

 

当サイトでは、資格試験を受けようと思っている方、資格試験とはどのようなものなのか知りたいという方に向け、資格試験の難易度、将来性、ランキングなどの資格試験情報の掲載を行なっています。ぜひ参考にしていただければと思います。

 

不景気の折、いくら実力があっても資格が無いと土俵に上れません。金にならないなど言わず、トライして欲しいと思います。きっと、見つかるものがあるはずです。

国家資格と民間資格の違いや特徴

 

<法律によって定められた資格が国家資格である>

 

資格分類の区分けとして「国家資格」「民間資格」の2つがあることは一般的に知られています。
国家資格は国や地方自治体、また、そこに準ずる機関が試験を行なって認定をする資格のことを指します。個別の資格について定められている法律があり、実施要領は官報で報じられます。認定機関は国の行政機関や地方自治体、国や地方自治体指定の団体などが存在します。

 

国家資格の分類は以下の3つとなります。

 

業務独占資格

その資格を保有している者のみが行える仕事であり、医師・弁護士・薬剤師・公認会計士などがこれに該当します。

 

名称独占資格

名称使用により信用を得られる資格のことで、資格がなくても仕事ができるのが特徴です。これには調理師・技能士・中小企業診断士などが当てはまります。

 

任用資格

試験に合格すると公務員となれる資格のことで、なったあとに仕事上必要であると判断し、取得する資格の社会福祉主事や児童福祉主事といった資格もこの任用資格に当てはまります。

 

 

<民間団体・機関・企業で独自認定する資格が民間資格>
民間資格は法律外で民間団体や企業が独自に定めて認定するのが民間資格であり、国家資格以外の資格全般を指します。試験を行う団体は社団法人や財団法人、商工会議所など様々な施設・機関が存在します。

 

資格の難易度についてはかなりの開きがあり、簡単な入門用資格もあれば、非常に専門的な資格も存在します。入門用の資格は就職や転職にあまり役立たないものが多く、持っていても目安程度にしかならないのですが、その業界内部においてはその資格を保有していることで力を認めさせることができるというものもあります。