土木・建築・設備系の資格・試験

土木・建築・設備系の資格・試験記事一覧

1級土木施工管理技士の資格があれば建設業界で必要とされる人材になれることまちがいありません。1級土木施工管理技士は、受験資格があります。実務経験が必要になっているのです。それだけ重要な資格だと言うことになります。試験は、学科は毎年7月上旬に行われます。加えて、実地試験は毎年10月上旬に行われるので、それらを目指して勉強していく必要があるでしょう。建築・工事の全てに携わることができる私たちの街のあら...

危険物取扱者の資格があれば、危険物を取り扱っていくことができます。危険物と聞くと、何だか触りたくもない怖いもののような感じがしますよね。しかし、実際それらは私たちの身の回りにあるものです。ガソリンなどの石油類がそうですし、金属粉なども危険物なのです。これらは、燃え易いもののため、危険物として取り扱われていて、誰でも簡単に取り扱うことができないようになっています。もしも何か事故が起きてしまったような...

消防設備士の仕事は、町の平和を守ることです。というのも、消防設備士になるとマンションやビル等あらゆる建物にある消火器を点検したり整備したり、感知器をチェックする仕事なのです。日本は地震大国ですし、災害に対しては備えていかなければなりません。地震そのものの被害も大変なことですが、地震による二次災害のことも考える必要があるでしょう。二次災害のせいで命を落としてしまう人は大変多いです。二次災害で火事が起...

土木建設工事が私たちの街を作っていると言っても過言ではありません。土木建築工事がなければ家が建つこともビルが建つこともマンションが建つこともありません。道路が作られることもありませんし、鉄道や空港が作られることもありません。すべて土木建設工事によって作られているのです。土木建設工事をする上で、絶対的に必要だと言われているのが測量士補です。精密に測量しなければ、狂いが出てしまい大きな事故に繋がったり...

第二種電気工事士の資格があれば就職に有利なのはもちろん、転職にも有利だと言われています。働きながら第二種電気工事士の資格を目指す人も多く、資格を取得することができたならばあらゆる業界から引き落とされて働いていくことができるでしょう。第二種電気工事士の受験は年齢や学歴に関係なく受けることが可能です。学歴に決まりはありませんが、基本的な数学の知識は必要だと言われているので、第二種電気工事士の資格を目指...

電験三種の資格は社会的なニーズが高いので、持っていると就職や転職に大変有利です。様々な資格がありますが、社会的なニーズが高くなければ持っているだけであまり意味のないものもありますよね。電験三種の資格ならば、それを履歴書に記載するだけで面接官から一目置かれるのはまちがいありませんし、就職の確率や転職の成功率が格段にアップするといえるでしょう。ちなみに電験三種と言うのは、電気の保安などを行う仕事です。...

建築業界では2級建築士の資格が必須だと考えられています。ですので2級建築士の資格があれば、絶対的に建築業界で働いていくことができて、仕事に困ることがなく安定的な生活を送っていくことができるでしょう。2級建築士は国家資格でもあるので、持っているとそれだけで社会的な信用性も高まると考えられます。2級建築士の資格があれば、建物を建てる工事工程すべてに携わっていくことが可能です。やりがいのある仕事だといえ...

2級土木施工管理技士は土木現場で必要とされています。土木工事は、道路を作ったり上下水道工事をしたり、様々な公共施設において必要とされています。2級土木施工管理技士の資格があれば、そんな土木工事の現場で監理技術者や主任技術者として働いていくことができるのです。現場の責任を任せられることにもなるので、やりがいのある充実した毎日を過ごすことができるのではないでしょうか。2級土木施工管理技士の資格で職に就...