2級建築士資格の資格を取る

建築業界では2級建築士の資格が必須だと考えられています。ですので2級建築士の資格があれば、絶対的に建築業界で働いていくことができて、仕事に困ることがなく安定的な生活を送っていくことができるでしょう。

 

2級建築士は国家資格でもあるので、持っているとそれだけで社会的な信用性も高まると考えられます。2級建築士の資格があれば、建物を建てる工事工程すべてに携わっていくことが可能です。やりがいのある仕事だといえるのではないでしょうか。

 

設計の段階はもちろん、工事監理もしなければなりませんし、建物が完成した後もアウターケアとして携わっていくことは多いです。私たちの生活において、建築物は欠かすことができません。

 

建築物があるからこそ自宅でゆっくりと幸せな時間を過ごすことができますし、雨風をしのいで眠ることができます。ビルやマンション、飲食店やスーパーなど、建築物が私たちの街を作っているのです。

 

2級建築士の資格で就職・転職率が大幅にアップ

 

2級建築士の資格は建築業界で絶対に必要な資格なので、就職難と言われているような時代でも有利に面接を進めていくことができます。

 

転職したいような場合も、2級建築士の資格があれば転職率を格段にアップして行くことができるでしょう。

 

建築業界といえば建設会社のイメージが強いですよね。2級建築士の資格があれば建設会社で働いて行けるのはもちろんその他の仕事もできます。住宅メーカーで働くことも可能ですし、不動産会社や工務店で働くことも可能です。仕事の幅を広げていくことができるのではないでしょうか。

 

2級建築士の試験はある程度の学歴と実務経験が必要です。学歴がない場合は実務経験7年以上が必要になります。また建築設備士でなければなりません。学科試験は毎年7月の第一日曜に行われ、設計製図試験は毎年9月の第2か第3日曜に行われます。