第二種電気工事士の資格を取る

第二種電気工事士の資格があれば就職に有利なのはもちろん、転職にも有利だと言われています。働きながら第二種電気工事士の資格を目指す人も多く、資格を取得することができたならばあらゆる業界から引き落とされて働いていくことができるでしょう。

 

第二種電気工事士の受験は年齢や学歴に関係なく受けることが可能です。学歴に決まりはありませんが、基本的な数学の知識は必要だと言われているので、第二種電気工事士の資格を目指すならば勉強する必要があるでしょう。

 

試験日は、毎年2回行われています。まず上期試験の筆記試験が6月上旬に行われます。技能試験は7月下旬に行われます。下期試験も筆記試験は10月上旬に行われ、技能試験は12月上旬に行われます。

 

どちらの試験を受けるかは、環境やライフスタイルに合わせて決めて生きましょう。

 

第二種電気工事士の仕事とは

 

第二種電気工事士は、いったいどのような仕事をするのでしょうか。簡単にいうと、電気工事士の仕事をしていくことになります。電気の配線は素人では不可能で、大変危険なことになってしまいます。少し間違ってだけで火事が起きてしまう可能性もありますし、感電してしまうと命を落としてしまう可能性も大変高いです。

 

ですので、普通の人は電気工事をする事ができず、第二種電気工事士の資格等を有している人だけがそれらをしていくことが可能なのです。生活の中で絶対的に必要な電気工事ができる第二種電気工事士の資格は、業界からのニーズがとても高いです。

 

安定した収入を目指したいならば、第二種電気工事士の資格で決まりでしょう。定年後のことを考えて、第二種電気工事士の資格を取得する中高年も多いということですし、資格があればいずれ独立開業していくことも可能です。夢が広がる資格といえるでしょう。