消防設備士の資格を取る

消防設備士の仕事は、町の平和を守ることです。というのも、消防設備士になるとマンションやビル等あらゆる建物にある消火器を点検したり整備したり、感知器をチェックする仕事なのです。日本は地震大国ですし、災害に対しては備えていかなければなりません。

 

地震そのものの被害も大変なことですが、地震による二次災害のことも考える必要があるでしょう。二次災害のせいで命を落としてしまう人は大変多いです。二次災害で火事が起こることも多いです。

 

消防設備士の資格があれば、そんな感じに備えることのできる消火器や感知器など消防用設備を、点検したり工事したりできます。直接的ではなかったとしても、人の命を救う仕事だといえるでしょう。

 

転職等にも有利とされてる消防設備士の資格

 

消防設備士の資格があれば、あらゆる方面で活躍することが可能です。ビル管理の会社でも必要とされている仕事ですし、メンテナンス関係の会社でもその資格を役立てていくことができます。消防設備士は、甲種と乙種の2種類あります。

 

自分の目的に合わせて、資格取得を目指して行きましょう。社会からのニーズが大変高いので、就職難と言われている今の時代でも仕事に困るような事がなくなり、安定した生活を送っていくことができるのではないでしょうか。

 

転職にも有利な資格だと考えられているので、別の仕事をしながら消防設備士の資格を目指している人も多いということです。

 

消防設備士の資格を取得してスキルアップ

 

スキルアップのために消防設備士の資格を取得する人も沢山いて、消防設備士資格を取得することができたならば防火管理技能者、消防設備点検資格者などのレベルの高い受講資格も得ることができます。

 

消防設備士の受験資格は:甲種の場合、ある程度の学歴と実務経験が必要です。乙種の場合は受験資格が決まっておらず、誰でも目指していくことが可能です。最低でも1年に1回は実施されている試験です。