簿記3級の資格を取る

簿記3級の資格があると、それだけで就職に有利になります。履歴書に書いたときに、かなりのポイントになることは間違いなしです。どのような職場でも必要とされている資格なので、あらゆる企業から求められる人材となるでしょう。

 

不況が続いているので、必要とされている資格を持っているとかなりの強みになり、就職に役立てることができますし、転職に役立てることも可能です。年齢関係なく受けられるのも、性別関係なく受けられるのも、学歴関係なく受けられるのも簿記3級の魅力ではないでしょうか。

 

独立・復職に役立つ簿記3級

 

今から有意義な資格を取得しよう、そう思ったならばまずは簿記3級を目指しましょう。必ず役に立てることができますし、とっていてよかったと思うことができる、それが簿記3級なのです。お金の動きや流れを把握する仕事なので、経理に役立ちます。

 

独立開業しているような場合も、大変役に立つ知識を学ぶことができるでしょう。出産を機に休職する女性が多いですが、復職する時にも簿記3級は大変役立ちます。

 

独学で勉強する場合のメリットとデメリット

 

休職中に簿記3級の資格を取得して、そして有利に復職している女性はとても多いです。独学で勉強する場合、メリットもデメリットもあります。

 

メリットは、自分の好きな時間に勉強できてさらに費用を抑えることが可能な所です。デメリットは、自分での勉強なのでどのように勉強すれば良いか難しい部分もありますし、どうしてもさぼってしまう可能性があるところです。

 

通信講座にもメリットデメリットあり、メリットは的確に勉強できるところです。アドバイスしてもらうことも可能なので、分かりやすいです。デメリットは独学と比べると費用がかかってしまうところでしょう。

 

空いている時間を利用して役立つ資格を取得したいならば、簿記3級が良いでしょう。試験は、2月と6月と11月に実施されます。