中小企業診断士の資格を取る

中小企業診断士とは一体どのような仕事なのでしょうか。中小企業診断士とは、その名前の通り中小企業の経営に関しての診断を行い、アドバイスする専門的な仕事です。

 

国家資格に合格しなければならない資格で、中小企業診断士は中小企業から必要とされている人材なので、一度資格を取得すると仕事に困ることがなくなるでしょう。

 

この不景気の中、大変心強い資格になることは間違いありません。社会に活かす事が出来ず持っているだけになってしまう資格が多い中、中小企業診断士の資格は大変役立つことでしょう。

 

中小企業診断士の仕事とは

 

中小企業診断士になれば、専門的な知識を駆使して為になるアドバイスをしていかなければなりません。企業と行政を繋げたり、企業と金融機関を繋げたり、幅広い活躍をしていくこととなります。

 

企業の成長戦略を目的としてアドバイスしていかなければならないので、特別な知識と能力が必要となるのです。経営コンサルタントの仕事の中でも唯一国家資格が必要になる、それが中小企業診断士です。特別な資格として、自分の身を助けることまちがいなしです。

 

特別な知識や能力が必要ですが、それは勉強することによって得ることができるものです。国家試験に合格できるくらい勉強したならば、誰だって中小企業診断士を目指すことができます。

 

中小企業診断士になるには

 

まずは、第一次試験に合格しなければなりません。第一次試験に合格して、さらに第2次試験に合格して、実務補習を修了して、ようやく中小企業診断士として登録されます。

 

あるいは、中小企業基盤整備機構、登録養成機関が行っている養成課程を修了することで登録されます。

 

受験料は1回につき1万円から2万円程度かかります。勉強は、通信講座でも受けることができて、最近は通信講座で中小企業診断士を目指す人も増えてきているということです。