警察官、消防官になる

公務員の中でも警察官に憧れている人は多いのではないでしょうか。市民を守るスーパーヒーロー、それが警察官なのです。

 

警察官になるには、どうすれば良いのでしょうか?まずは、各都道府県で行われている警察官採用試験に合格しなければなりません。

 

仕事に影響が出てしまうような生涯を体に抱えている場合、警察官採用試験を受けることはできません。それ以外ならば、警察官を目指すことができるでしょう。警察官採用試験に合格すると、警察学校に通うことになります。警察学校で、警察に関する様々な内容を勉強することとなります。

 

警察学校で勉強して警察官の採用試験をパスすることができたら、卒業後警察官として働くことができます。警察官にもいろいろな種類があり、交通規制をする係や市民の生活を守る係など分野がわかれています。

 

警察官としてどのように働きたいのか、具体的に夢を持ちながら目指しましょう。

 

消防官の資格

 

警察官も人気の高い仕事ですが、同じように正義感の溢れる仕事と言えば消防官ではないでしょうか。

 

消防官もまたとても人気の高い仕事で、高校、短大、大学を卒業しているならば誰でも消防官採用試験を受けることができます。消防官採用試験を受けて合格すると、消防学校に入学できます。消防学校で消防官について様々な知識を学んでいくこととなります。

 

消防学校で勉強して、卒業すると消防署に配属されて、消防官として働いて市民を守ることができるでしょう。消防官は核自治体の採用試験に合格しなければならず、勉強だけではなく体力もつけておかなければなりません。

 

体力テストや身体測定もあります。体が強くなければ消防官になれませんし、機敏な動きができなければ現場で市民を守っていくことはできないと考えられています。