土地家屋調査士の資格を取る

土地家屋調査士になるには、まずは民法に関する知識を勉強していかなければなりません。専門的な知識が必要となる資格ですが、努力次第で誰でも目指すことのできる資格です。土地家屋調査士は年齢、学歴、性別関係なく試験を受けることができて、資格を取得することが可能です。

 

実際、全然別の分野で働いている人が、働きながら土地家屋調査士を目指して勉強していることも多く、転職して成功している人も沢山いるのです。

 

せっかく働くのであれば、安定した仕事をしていきたいですし、沢山稼いで行きたいですよね。土地家屋調査士ならば就職率も転職率も高いですし、資格を持っていると仕事になることがなくなって、いつの時代も働いていくことが可能です。

 

土地家屋調査士になるには

 

土地家屋調査士になりたいならば、筆記試験を受けなければなりません。筆記試験は、春頃に申し込みをして、夏頃に実施されます。申し込みを忘れず行わなければ、筆記試験を受けることはできないので気をつけましょう。

 

筆記試験の合格発表は11月に行われます。筆記試験に合格したとしても、土地家屋調査士になれるわけではありません。筆記試験に合格した次は、口述試験が待っています。

 

口述試験は11月中に行われます。口述試験の合格発表は12月です。受験には費用が発生して、7200円かかります。独学で勉強して土地家屋調査士を目指す人も沢山いますし、最近では通信講座で勉強する人も増えてきているということです。

 

独学での勉強は大変ですが、費用を安く済ませることができるでしょう。通信講座ならばある程度お金はかかってしまいますが、要領よくポイントを掴みながら土地家屋調査士について学ぶことができますし、どちらにもメリットがあります。自分の都合に合わせて勉強方法を選びましょう。