司法書士の資格を取る

司法書士の平均年収は1500万円だと言われています。だいたい1200万円から1600万円の人が多く、それだけ稼ぐことのできる仕事なのです。

 

それだけ稼ぐことができるので、逆に司法書士なんて特別な人材しかなれないと諦める人は多いのではないでしょうか。

 

しかし諦める必要はないのです。司法書士は、年齢も学歴も性別も特別な条件なく、誰でも試験を受けることができて、その試験に合格したならば資格を十分に発揮しながら働いていくことができるのです。

 

サラリーマンとして働いている男性が司法書士に転職することも可能ですし、OLとしてデスクワークしている女性が、司法書士に転職することだって可能なのです。実際働きながら司法書士を目指している人は沢山います。

 

司法書士の試験について

 

不景気が続いている今、何かしら資格を取得していたならば、それが強みになり自分を助けることになるでしょう。司法書士ならば、平均年収1500万円と言われているくらいですから、その資格を持つことができたならば一生安泰です。

 

大切な家族のためにも、思い切って司法書士にチャレンジしてみてはどうでしょうか。お医者さんや弁護士になりたければ医大や法化大学院を卒業しなければなりませんが、司法書士は誰だって試験を受けることができて、可能性があるのです。

 

試験を受けるには?

 

とても希望に溢れている職業ですよね。5月中旬に願書提出をして、7月の第一日曜に筆記試験があります。9月から10月にかけて試験の合否が発表され、10月中旬ころに口述試験があります。

 

11月に最終的な合否発表され、合格していたならば晴れて司法書士の資格を取得することができるのです。独学で司法書士を目指す人も多いですし、通信講座で司法書士の勉強をする人も増えてきています。