マンション管理士・管理業務主任者の資格を取る

マンションに住んでいる人が沢山いる今、マンション管理士・管理業務主任者は業界でも注目されている国家資格の一つとなっています。

 

日本は土地が狭いので、特にマンション住まいの人が多いのです。これからますます、マンションが増えてマンションに住む人が多くなるのではないかと考えられます。

 

つまり今だけではなく将来的に考えても、マンション管理士・管理業務主任者はとても役立つ資格なのです。将来のためにも、マンション管理士・管理業務主任者を目指して行きましょう。

 

マンション管理士と管理業務主任者は、内容が重複している部分もあるのですが、違っている部分もあります。

 

マンション管理士の仕事とは

 

まずマンション管理士は、マンション住民の相談を聞いてアドバイスしたり、管理組合からの相談に応じてアドバイスや支援を行う仕事のことです。

 

管理業務主任者はマンションのマネージメントを行います。管理業者事務所に必ず必要とされているので、就職先も多いです。管理組合の相談に対してアドバイスを行うこともあります。定年退職した後、どうするか迷う人は多いですよね。

 

定年退職後に人気なマンション管理士・管理業務主任者

 

定年退職後に人気なのが、マンション管理士・管理業務主任者なのです。体力が必要なわけではありませんし、肉体的に疲労するような仕事内容でもありません。

 

これまでの人生経験を活かすことができますし、社会経験も活かす事ができます。マンション管理士・管理業務主任者は、何歳でも試験を受けることができるので、定年退職後年齢が高くても十分に目指すことが可能です。

 

学歴も関係なく、人気の資格です。老後、のんびりと過ごしながら、それでも働いてお金を得たいような場合、マンション管理士・管理業務主任者の資格が大変役立つでしょう。

 

マンション管理士の試験は11月に行われて、管理業務主任者の試験は12月に行われています。どちらも同時に試験を受けることが可能です。