行政書士の資格を取る

行政書士は町の法律家と呼ばれているくらいに、私たち市民にとって身近な存在です。不景気の続いている今、良い大学を出ていたとしてもなかなか就職できないのが現実です。しかし行政書士の資格を持っていれば、いつどのような時でも働くことができるでしょう。

 

町の人々を助ける仕事、それが行政書士であり感謝され役に立てる仕事です。行政書士は依頼主に代わって、行政書類や権利義務、事実証明の書類を作成して代理提出します。

 

具体的には、飲食店営業許可を取ったり、建設業許可を取ったり、相続問題のトラブルを解決したり、交通事故損害賠償請求をしたりします。

 

行政書士の試験

 

素人ではなかなか解決できないような問題も、行政書士ならば法律の力を使って解決していくことが可能なのです。行政書士は、市民からの相談を受けることもありますし、コンサルティング業務をこなすこともあります。

 

行政書士の受験資格はありません。誰でも行政書士の試験を受けることができるのです。試験の合格率はとても低いのですが、それは行政書士の勉強をあまりしていない人も試験を受けているからだと考えられています。

 

つまり、しっかりと行政書士の勉強をしたならば、多くの人があるのではないかと考えられているのが行政書士の資格なのです。誰でも受けることができるので、サラリーマンとして働いている人が、OLとしてデスクワークをこなしている人が、行政書士を目指すことも可能です。

 

行政書士の試験日は、11月の第2日曜日です。今からでも本気を出して、目指すことができるのではないでしょうか。

 

来年をめどに目指すことだって可能です。行政書士の資格を取得したならば、将来的にも安定した日々を過ごすことができるのではないでしょうか。人々に尊敬されて頼られる、感謝される、それでいてさらに採用率が高く就職率の高い行政書士の資格を取りましょう。