気象予報士の資格を取る

天気予報を行う仕事、それが気象予報士です。気象予報士の資格を取得するには、勉強をしていかなければなりませんが、その分とても役立つ知識になりますし、活躍の場所が広がります。

 

生活していく中でも、気象予報士の知識があれば自然とうまく付き合っていくことができるでしょう。気象予報士の試験は、学科と実技の2種類があります。

 

気象予報士の資格を取得するにはある程度勉強しなければなりませんが、試験資格が決まっておらず誰でも受けることができる、誰にでもチャンスのある資格です。

 

大学卒業していなくても問題ない気象予報士の試験

 

大学卒業レベルの数学や物理学の知識が必要だと言われていますが、大学を卒業していなくても気象予報士の試験を受けることはできますし、実際大学を卒業していない人たちも気象予報士の資格を取得して働いていることは多いです。

 

努力することにより、それらの知識を吸収することはできるのですから、学歴がない人でも十分に目指すことができるでしょう。確かに難しい勉強にはなってしまいますが、天気のことなので毎日私たちと関わっている分野です。

 

気象予報士の試験を受ける場合

 

気象予報士の試験を受けるならば、免除がない場合はそれより1000円から2000円程度安い試験手数料で済みます。

 

1月下旬と8月下旬に行われるので、それを目指して勉強していきましょう。独学で気象予報士を目指して、試験に合格する人も沢山います。独学のメリットは勉強にかけるお金を最小限にとどめることができるところにあります。通信講座で気象予報士の勉強をしていくことも可能です。

 

通信講座ならば独学よりのお金はかかってしまいますが、分かりやすく勉強できてアドバイスもしてもらえるので、要領よく必要な知識を身につけていくことができるでしょう。自分のスタイルで勉強していきましょう。

気象予報士関連ページ

TOEIC(R)テスト