旅行管理者の資格を取る

旅行業界で働きたいと考えているのであれば、旅行管理者の資格が断然有利です。旅行管理者の資格を持っていると、かなりの確率で採用されることまちがいありません。将来のために、また転職のために、旅行管理者の資格を取得してみてはどうでしょうか。

 

好きな仕事ならばやりがいを感じることができますし、毎日張りが出てきて今までとは違う人生を歩んで行くことができます。旅行管理者の資格は旅行業界でただ一つの国家資格なので、旅行業界ではかなり注目されていて必要とされている資格です。

 

旅行管理者のお仕事とは

旅行管理者は、いったいどのような仕事をするのでしょうか。お客様の旅行のプランを立ててあげることになります。

 

お客様が満足のいく旅行をしたとき、旅行管理者は至福の喜びを感じることができるのではないでしょうか。それだけではなく、企画旅行の場合宿の手配をしなければなりませんし、乗り物の手配等もしていかなければなりません。

 

旅行に関してクレームがきたような時にはクレーム対応をする場合もあります。広告に掲載されている旅行の内容が正しいか判断しなければなりませんし、詰まりは旅行に関してあらゆるプロデュースをする仕事になります。

 

年齢・学齢の制約なしで誰でも試験が受けられる

 

旅行が大好きな人ならば、旅行管理者は大変楽しい仕事になることまちがいありません。自分の知識を活かしていくことも可能です。旅行管理者の資格は、国内旅行と海外旅行のどちらも取り扱っている総合旅行業務取扱管理者、国内旅行だけお取り扱っている国内旅行業務取扱管理者の2種類があります。

 

総合旅行業務取扱管理者は受験資格の制限がなく誰でも目指すことが可能で、1年間に1回10月上旬から中旬に試験が実施されています。

 

国内旅行業務取扱管理者も総合旅行業務取扱管理者同様、年齢や学歴などの受験資格成約はなく誰でも目指すことが可能です。9月上旬から中旬に試験が実施されています。

旅行管理者関連ページ

世界遺産検定
通関士
販売士