社会福祉士の資格を取る

社会福祉士はどのような仕事内容なのでしょうか。高齢化社会が進んでいる今、必要だと考えられている資格です。年齢の高い人や、体の不自由な身体障害者などの相談に載って、専門的にさらに親身になってより良いアドバイスを行う、それが社会福祉士の仕事です。

 

高齢化社会が進んでいる今、社会福祉士を必要としている人は沢山います。障害者にも優しい国づくりが別されている今、社会福祉士を求めている企業は沢山あります。

 

それなのに、実際問題として社会福祉士の人数が不足していると言われています。今こそ、社会福祉士の資格の取り時ではないでしょうか。

 

人手不足で最も必要とされているお仕事

 

必要でありながら人手不足なので、引く手あまたの人材になれるでしょう。就職する時かなり役立ちますし、今から別の仕事をしたいと考えているような場合も転職に役立てていくことのできる資格になります。

 

また、介護関係の仕事や福祉関係の仕事をしているような場合も、社会福祉士の資格があるとその知識を活かすことができますし、キャリアアップにも繋がります。

 

今よりももっと仕事を頑張りたいと思っている人にとっても、目指しておきたい資格の一つになります。社会福祉士の資格があれば、高い評価を得ることができるので就職難だと言われている今、持っていると自分の助けることに繋がります。

 

社会福祉士の受験資格

 

社会福祉士の受験資格は定められています。4年制大学指定科目を修了、卒業した人、短期大学で指定科目を修了卒業後、施設で2年以上実務経験を積んでいる人、社会福祉士短期養成施設を卒業した人、社会福祉士一般養成施設を卒業した人、これらが社会福祉士を目指すことのできる受験資格です。

 

社会福祉士の試験は1年間に一度開催されていて、1月下旬の日曜日になります。願書受け付けは9月から10月になるので、早めに用意しておきましょう。