一生使える資格について

資格には色々なものがあります。難易度が高いものから比較的簡単に誰でも取れるようなものまで。

 

基本的に難易度が高い資格は一度取得することができれば一生使える資格になることが多いです。ではどのような資格が一生使える資格として人気を集めているのでしょうか。

 

FP技能士・AFP

 

FP技能士はフィナンシャルプランナー技能士のことで国家資格になります。民間の資格だとAFPになります。これらの資格はクライアント(顧客)の貯蓄計画、相続対策、資産設計などをアドバイスする資格となっていて、実に様々な知識を要求されます。

 

その分ニーズはとても多くて一般家庭に住んでいる人はもちろん、保険会社や金融会社などからもニーズがあり、一生使える資格の代表格のひとつになっています。

 

宅建取引主任者

 

正式名称は宅地建物取引主任者という国家資格です。宅地、建物の売買や賃貸の代理、媒介、不動産取扱など非常に多くの不動産に関する業務を行うために必要な資格です。

 

当たり前のことですが私たちは不動産が無くては快適な住居を手に入れることができません。それをコントロールするのが宅建取引主任者という資格です。難易度は高めですが、一度取得すれば一生使えます。

 

中小企業診断士

 

中小企業診断士は名前の通り、中小企業をターゲットにしたコンサルティングを行うための資格になります。

 

どのような経営課題をクリアすればよりよい会社作りができるのかをコンサルトすることで活性化を行っていきます。そのため、資金対策や人材活用術、知的所有権などなど実に様々な分野の知識が問われます。

 

ケアマネージャー

 

ケアマネージャーは保健医療サービスと福祉サービスを総合的に、そして効率的にユーザーに提供するための資格となります。

 

今後少子高齢化が加速するにつれて需要が高まると考えられ、よりスムーズな福祉サービスを行うための資格。取得までのハードルはそこそこ高いものですが、一度取得すれば一生使える資格になります。