ITに強い資格

IT系の就職や転職に有効な資格を選ぶときにはどのようなポイントに気をつければ良いでしょうか。

 

信頼のある国家資格

 

一般的にITに強い資格には、国家資格である「基本情報技術者」「情報処理技術者」「プロジェクトマネージャ」などが挙げられるかと思います。これらはいずれもIT系の職種なら通用するものですし、IT系ならどのポジションにいても通用するものだからです。

 

また、IT系の資格の中でも国家資格は信用度が圧倒的に高く、持っているだけで転職や就職に有利になるといわれています。ですので、IT職に就いている人が目指す資格は最終的には国家資格になるといわれているわけです。

 

ベンダー資格

 

ベンダー資格は難易度が細かく分かれていて、当然のことですが難易度が高いものほど転職や就職で有利になっていきます。

 

IT系資格ではオラクル、シルバー、ゴールドといった具合にランク付けされているものがほとんどとなってきますので、最上級の資格を持つことができればそれだけでかなり有利になっていきます。

 

国家資格よりも比較的取得しやすい一方で、ベンダー資格を持っている人の実力や知識を計る目安とあるため、上位のものなら評価されやすい資格だと言えます。

 

ITは資格と経験が大事

 

IT系は他の業種とは異なり、実務経験がかなり重要視される珍しい業種のひとつだと言われています。そのため、ある程度の資格を持っているけれどマネジメント経験があまりない人と、資格は持っていないけれどマネジメント経験が豊富な人だと後者の方が優れている人材だ、という評価をされる傾向に。

 

ですので、国家資格、もしくは上級のベンダー資格を目指して資格取得を目指していかないと思うようなキャリアアップに結びつかないこともあります。ですので、IT系の資格は自分のポテンシャルに説得力を持たせるための武器だと考えるようにしましょう。