大学生にオススメの資格

社会人になってから即戦力として働けるようにアピールするためには、やはり資格が重要です。そのため、大学生のうちから取得しておくと社会人になってからの強みとなる資格をいくつか紹介していきます。

 

自分がどの分野に進むのかを考える

 

大学生にもなると、ある程度自分がどの分野で働くのか、という方向性が決まってくるかと思います。当然、その分野で活かすことができる資格を取得することになるかと思いますが、資格の中には「もっていて損は無いもの」もたくさんあります。

 

比較的時間に自由がきく大学生のうちに資格を取得しておくことは将来に繋がることですので、自分の専攻している分野以外にも視野を広げてみましょう。

幅広く使える資格

 

大学生のうちはどのような職種につきたいのかはっきりとしていない人もいるかもしれません。そのような方は、簿記やTOEIC、マイクロソフトオフィススペシャリストといった汎用性の高い資格を目指して勉強することをオススメします。

 

これらはどのような業種への就職にも有利になる資格ですし、比較的難易度も低めなので本来の学業と両立しやすく大学生のうちから取得できます。特にマイクロソフトオフィススペシャリストは非常に強みとなる場合が多いですのでパソコンに慣れておくことも兼ねて資格の取得を目指してみましょう。

 

今後成長が見込まれる分野の資格

 

大学生のうちに、今後成長が見込める分野の資格を取得しておくことはとても有効な手段になります。

 

特に医療現場や福祉現場に通用する資格は強いですので、調剤薬局事務や栄養管理士、医療事務、福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャーなどは選択肢の中に入れておきたいところです。また、ファイナンシャルプランナーや公認会計士、宅建主任者なども視野に入れておきたいところ。